レキソタンを飲む前に確認しておきたいこと

レキソタンを飲む際の注意点

レキソタンは1977年から発売されている歴史の長い薬です。抗不安薬に分類される薬で、その名の通り不安を和らげてくれる薬で別名安定剤と呼ばれることもあります。

 

レキソタンの効き目はとても高いため、頼りになることは間違いないのですが、注意点として副作用も強くなっています。普通に使っていても副作用が強いのですから、より一層使い方には注意しなければなりません。事前に注意点をチェックして慎重に使いましょう。

 

レキソタンの作用機序

レキソタンはベンゾジアゼピン系の抗不安薬に分類されます。

 

パニック障害や強迫性障害といった様々な不安障害は神経系の興奮により引き起こされます。ということは逆にこの神経系の興奮を抑えることができれば不安障害の症状は収まるということになります。

 

そこで脳内に存在するGABAという物質が役に立ちます。簡単に言えばこのGABAという物質には神経系の興奮を抑える能力を持っています。

 

レキソタンはこのGABAが活発に働けるように間接的に手伝いをすることで結果的に神経系の興奮を抑えることができるのです。

 

レキソタンを服用する際の注意点


レキソタンを服用すると何故不安が和らぐのかはここまでの説明でわかったと思います。

 

ですが、注意点として気をつけなければならないのは、レキソタンはどんな人でも使える薬ではありません。こんな人は使ってはならない、こう人は服用時に注意する、というような注意点に気をつけなければなりません。

 

ここからは、気をつけなければならない注意点について紹介していきます。

 

服用が禁止されている人

 

急性狭隅角緑内障の患者

緑内障は眼圧が上がり、視野が欠けてしまうという症状を持った病気です。

 

注意点としてレキソタンは眼圧が上がる副作用を持っていますので、緑内障患者の病状が悪化する可能性が高いため服用は禁止されています。

 

重症筋無力症の患者

筋無力症にかかると筋肉の力が弱くなって、腕や足の力が弱くなって日常生活に支障が出る等様々な症状が出てきます。

 

また、レキソタンは抗不安薬なのですが、注意点として筋弛緩効果も持っています。これにより一時的ですが更に筋力は弱まり、筋無力症の症状が大きくなる可能性もありますので、服用はしないようにしましょう。

 

服用時に注意が必要な人

心臓に障害がある患者

レキソタンでの報告ではありませんが、類似薬であるジアゼパムを服用した際に循環器系への悪影響が現れた報告があります。注意点としてレキソタンも同じような症状が出る可能性がありますので、服用時は注意しましょう。

 

肝障害・腎障害のある患者

レキソタン肝臓で代謝、つまり体の外に出しやすいように分解されます。また、腎臓は尿として薬を体外に出すための処理を行います。

 

注意点はこれらの箇所に障害があると、レキソタンは体からなかなか出ていかず、副作用が大きくなったり長くなる原因になる場合があります。

 

脳に物理的障害がある患者

レキソタンは直接脳に干渉して不安を和らげる効果を持った薬品です。ですが、注意点としてはあくまでも健康な脳の状態を想定して作られた薬品です。

 

注意点ですが、脳に物理的な障害がある状態で服用すると、どんなことが起こるかわかりません。多くの場合では薬の効果が強く出るようなので、最初は少なめの量から飲み始めるといいでしょう。

 

呼吸器障害のある患者

レキソタンは脳から不安を取り除く効果を持っていますが、それ以外の機能も若干ではありますが弱めてしまう効果を持っています。健康な状態であればそこまで気にするようなものではないですが、呼吸器が弱っていれば話は別です。

 

注意点として現在の病気の状態が悪化してしまう可能性もありますので、服用は慎重に行ってください。

 

高齢者・体の弱っている人


高齢者や体が弱っている人は、体の各所の機能が総合的に弱っていることが多いでしょう。

 

注意点として、ここまで紹介した心臓が弱っている、腎臓・肝臓が弱っている等々それぞれが当てはまる可能性が高くなっています。まずは少ない用量から始めることをおすすめします。

 

また、高齢者は副作用のめまい・ふらつきで転倒した際に骨折する可能性が高くなっています。ご家族の方はその点も気をつけるようにしましょう。

 

妊婦


新生児に様々なダメージがあることが報告されています。

 

医師がレキソタンを服用することによる有益性が危険性を上回ったと判断した時以外の服用はしない方がいいでしょう。

 

服用を見送った方がいいかもしれない人

小児

小児が服用した際のデータが少ないために、危険なのかそれとも安全なのか判断しきれないという状況です。

 

どうしても使わざるを得ないという場合以外では、服用を見送った方がいいでしょう。

 

レキソタンの飲み方に関する注意点

レキソタンはこんな飲み方をしない方がいいという注意点があります。

 

長期間使い続けない

長期連用すると依存症状が出てしまうことがあります。また、注意点としてその状態から急に服用をやめるとふるえや幻覚などの離脱症状も発症します。

 

大量服用はしない

用量を大幅に超えた服用すると、軽い物では眠気、症状が大きくなると昏睡状態に陥ってしまう可能性があります。

 

車・機械の運転はしない

眠気やめまいの副作用を持っていますので、注意点として車や機械を運転する直前の服用などはやめておきましょう。

 

レキソタンの副作用・相互作用に関する注意点

こういった方はレキソタンを服用前に注意点を確認、またはこういった服用方法は危ない、などといったことを解説してきました。

 

しかし、このような注意点を守ったとしても副作用は起こってしまいます。ですから、副作用にはこんな種類がある、といった点について解説していきます。

 

更なる注意点として、レキソタンだけで使えば平気だったはずなのに、他の薬品と一緒に飲むことで起こってしまうトラブルも存在します。

 

この2点を解説していきます。

 

レキソタンの副作用

レキソタンには様々な副作用があります。

 

例えば、

 

眠気、ふらつき、めまい、興奮、頭痛

 

などです。

 

注意点としては眠気やふらつきなどは運転中など場合によってはとても危険なので注意しましょう。

 

レキソタンの相互作用

相互作用とはそれぞれの薬の効果に干渉して変えてしまう作用です。

 

薬の処方される量は当然その薬本来の効果を元に計算しています。

 

相互作用が発生すれば薬はその効果を変えてしまうので十分に注意する必要があります。

 

例えばレキソタンと似たような効果を持つ抗不安薬を同時に使うのはやめておきましょう。同系統の薬を飲むを相乗効果がありますので飲み合わせはよくありません。

 

レキソタンはこんな薬


レキソタンは、抗不安薬や精神安定剤に分類されている薬品です。パニック障害やうつ病、自律神経失調症といった幅広い不安障害や精神的な障害に利用されます。

 

精神的なストレスがメインの原因であるうつ病・神経症、そして体調面に大きな影響を及ぼす自律神経失調症・不眠症・生理不順などにも効きます。

 

催眠作用も持っていますから、睡眠薬としての利用や、麻酔前に投与されるケース、パニック障害などの発作が出た時用の頓服やくなど幅広い用途があります。その他にも筋弛緩作用を利用して頸椎症、腰痛、肩こりの治療にも使われることがあります。服用後1時間ほどと早く効きはじめ、半減期は20時間ほどの効果時間は長めです。

 

レキソタンに似た薬はたくさんあるのですが、細かく効果・持続時間が変わってきます。レキソタンになじんできた人では、他の薬がしっくりこないということもあるでしょう。注意点は引き続き処方してもらいたいようであれば、そのように医師に提案してみるほかにありません。

 

なんにしても、こういった抗不安薬は入手に処方箋が必要です。薬局で購入することはできません。個人輸入できるものも種類が少ないです。ですから、手に入るかどうかは医師の処方次第ということにあります。

 
http://www.discotecailmaneggio.com/ http://www.harvardavedrugs.com/ http://heliz.net/ http://quest4sony.com/